8月2日



いや、ちゃんとオデオもやっています。

マトリックススピーカーについては
明日以降…


8月3日

マトリックススピーカーの研究。
一体何回目だろう?

やり尽くしたのなら、こんなにいつまでも続けない。

だが、このネタは
なかなか終わらない。それだけ色々な要素があるからだ。


ネットでも、過去においてマトリックススピーカーに挑戦したお話しは幾つか読める。


…なのだが、拝読する限りではマトリックススピーカーで大成功、というのは
あまりいようだ。

これはどうした事か?

一つには感じ方の問題がある。

音場を感じ取る
というのは人によって結構差異があるようだ。

マトリックススピーカーの場合、それが尚更顕著に出るのかもしれない。

下手をするとサラウンドどころかモノラルの様に聴こえる事もあり得る。

あるいは”長岡先生の
つき”、と言いたくなった人も多いだろう。

しかしオーディオマニアというのは善人が多いので、人を疑わずに
自分を疑ってしまう。ありがたい存在だ。
もちろん僕も例外ではない?だから繰り返し試してしまう。

絡む要素はたくさんある。

ソース…は大きい。
装置、も効果が出やすい物と、今一つの物があるだろう。

多くの要素をバラバラには出来ないが、ごっちゃにし過ぎるとカオスになる。

実はカオスになって暫く日記が書けなかった(笑)

ようやく目処がついた(気がする)のでぼちぼちスタート。

(本当に続くのか?)



8月5日

何事も
やってみないとわからない。



六本マトリックス実験機

いきなり段ボールかい。

しかしいきなり木製キャビネットで作って失敗すると
後が困る。
モックアップの意味でも段ボールは正解。

まず出来上がってみて思うのは
これじゃユニットの間隔が
広すぎるのではないか(上下の)ということ。

ああ、やっちまった、と思ったが段ボールなら作り直しは容易。
それに本当に駄目かわからない。ユニット相互の
干渉の点では
離れているのも一概に悪くない?

それより取りあえず
今のまま音を聴いてみることにした。

まず、
本マトリックスの結線で鳴らす。

これはイマイチ。

マトリックス効果以前に、あまりにも低音
不足

無理もない。差信号用ユニットまで含めて
仕切り無しのキャビネットに入れて
しかも密閉箱。

しかし
あまりにもいただけない。

作り直しに走りたいところだったがグッと堪えて
本マトリックスの信号配分に変更。

ちなみにそれをやるには8Ωと16Ω両方のユニットの混在が必要。

そんな金は無いので単純に
抵抗を入れて調整

取りあえず
正解で、全体にバランス良く鳴る。

三本マトリックスの信号配分だと単純な箱でも低音不足にはなりにくいのだ。


8月7日

莫大な
時間が流れて、ようやく痛みが小さくなる。

ただ、忘れ去るという事は無いわけで
この
時期この時刻、空を見るとどうしても思い出されることがある。





そして、生きているのは今だから、今やれることをやる。

今年もこの季節。

しかし、
かった。

そして今も暑いのだが
台風直撃なんて場所もあるわけで
何事もないと良いな、と遠くからまた空を見上げる。

ま、オデオも
少々という事で細切れにマトリックススピーカー

取りあえず
6ユニットで3本マトリックスの信号配分。

ユニットはこんなに分散させない方が良いよなーと思う反面
偶然のように帯域バランスは良くて、
内容積的にはこれくらいが
大変良いみたいだ。

しかし
肝心のマトリックススピーカーとしての動作はどうだ?

一つには
ソースの呪縛というのがあるので一概には言えない。

守備範囲は広いのだがあまりにも
マルチモノラル的な録り方のものだと
当然広がりは不足。

ピュアマルチモノだったら普通のスピーカーを左右に離して使う方が由。

ポピュラー物であっても
位相を積極的に弄って拡がりを作って居たりするものは

ぺマイク録音及びそれに準ずる物がベストかというと、そうでもないあたりが面白い。

やはり万能というのは存在
しないのか。

そんな事を思いながら、ある事をしてみたら、なんと激…

(続く)


8月9日

あることをしてみたら激変…

一体何をした?


いや、ただマトリックススピーカーを置く
位置を40センチくらい後退させてみたのだ。


要するにマトリックススピーカーはリスニングポイント対向の
壁まで下がった。


これだけで音場
一変

…は大げさ?

いや、聴くポイントによれば本当に一変。


部屋のあちこちに音が拡がり
飛び散る感じ。


もちろんスピーカーを置く位置で色々な物は変化する(しない、と感じられる場合もある)
のだが、今回のは
顕著を通り越して劇的変化?


一応念のためだが、スピーカーを遠くに置くと音場が良くなる、なんて単純なものじゃない。

ケースバイケース。で、
今回の場合はツボに嵌ったということだ。


元々マトリックススピーカーの場合は、ある程度距離を取った方が
いのかも?
という気はしていた。
長岡先生の
MX-20AVの頃の記事を見ると気付かされることも多いのだ。


そう思いながらもこれまで実現が難しかったのだが、
軽量段ボールキャビネット、
薄い奥行きという物だったので試す事が出来たのだった。


長岡式マトリックスの原器というべき
MX-1も、最初は壁掛けを想定して設計されていた。

設置のしやすさを考えて、という面もあるが、直観的にMXとの距離は少しでも稼いだ方が…と
氏も思われていたのかも?

ただ、所定の位置に壁掛けというのは
案外難しいのだ。
長岡先生も結局スタンドの上に載せて使われていたし
MX-910辺りではスタンドの部分が
ダブルバスレフの第二キャビネットも兼ねていた訳で、この頃は壁掛けの発想は一旦
捨てられたと思ってよい。

ということで長年の懸案だった、マトリックススピーカーの良さを引き出す件は
ある程度達成できたかも?


気の長い話だが、何事も本当の事に到達するには
時間が掛かるということ。


こうなると、今度は音像の
きさとか色々な事が気になり始める。

ちゃんと作り直すと良いだろう。サイズは多分
縦が20〜25センチで良い。

ユニットは一応現行秋月の8センチフルレンジで固定。
何しろ実勢価格が
一本250円なんてのは他にない。


8月10日

さて、
本マトリックスは結線次第で3本マトリックス同等にもなれば
4本マトリックス同等にもなる。

8Ωと16Ωのユニットを両方用意する必要はあるが)

変幻自在で結構ですね、と思われそうだが
この暑い中、ただでさえ回らない頭で
結線ミスしないようにするのが大変。


じゃあやらなきゃ良いのだが、やってしまうあたり我ながら物好きだ。

今度は
本マトリックス等価…というのも詰まらないので
オール16Ω駆動としてみる。

詳しい事は省略するが、これは四本マトリックスの和信号を強化した配分。

これも良く広がる。
ただし
ワンポイント録音みたいな物じゃないと真価は発揮しにくい。

…と、そんな事は言わずと知れているのでどーでもよくて
驚くのは
低音が割と出ること。

もちろん、ブンブン出る訳じゃなし、8センチユニットをこのキャビネットに取り付けての
割には、という意味だが
立派なものだ。


8月11日


マトリックススピーカー誕生時の
長岡先生自身の驚き、感動する様子は今でもムック等で再読することが出来る。


さてしかし、マトリックススピーカーに
意味有りや無しや?と意地の悪い僕は思ってしまう。
これは過去何度となく実験して、その都度思っていた事だ。


いわゆるサラウンド感であれば
スピーカーマトリックス方式で実現出来るし、効果はわかりやすい。


そして正直ソースさえ良ければフロント
二本だけで十二分な音場が得られる。
その現実に行きたると、マトリックススピーカーに、何の意味有りや?と思わずに居られない。


しかもマトリックススピーカーというのは結構な制約のあるスピーカーだ。
基本的に
小口径フルレンジが良いとされ(大口径マトリックスは試して居ないので断定はできないのだが)
ウーファーやツイーターの追加も難しい。

故に
音色、レンジと言った部分では不利になる。

それらのデメリットを上回るメリットが、
21世紀の今日、マトリックススピーカーにあるのか?


あまり
い気がするのが正直なところ。


ただ、
センター定位が実像によるところと言うのは依然、通常のフロント二本方式に差を付ける部分かもしれない。


センター定位を抜きにしても、
左右一体のアンサンブル型スピーカーにはアンサンブルなりのメリットもある。


その辺含めてほれ込めるかどうかが分かれ目になろう。


今回のスピーカー…というのはちょっとおこがましいか。段ボールキャビネットでありあわせに作った物だから。


しかし今回の作例はマトリックスを
きにしても良くる物で、その点予想を大きく上回る。


空き箱利用だから設計も何もない。多分秋月のこの
8センチの素性が良いのだ。
木製キャビネットにすればもっと良くなる…はず。
腰が上がれば、のお話しだが。

あ、今は
HGさんから以前いただいた生録CD-Rを拝聴している。
やはり大変
マッチする。


8月15日

軽く
ひねくれてみたがマトリックススピーカーを目の前にしてマトリックススピーカーを
否定するような事ばかり言っても仕方ない。

さて、マトリックススピーカーの難点?の一つが
ソースを選ぶということ。

これは難点ではないという説もある。
故にマトリックススピーカーを使う事で、ソースの判定が出来るという側面はあるわけだ。

ただ、
観賞用として考えると、あまりにもソースが限定されるのはありがたくない。

ところが本マトリックスは割と万能であることに気づいた。

ノリとしては
本マトリックスよりも本マトリックスに近いのだが、全く同じではない。


一応結線を示すと…


4ユニットマトリックスを6ユニットに置き換えた場合
        ↓

+L(8Ω)  +L(16Ω)  +R(8Ω)
-R(8Ω)  +R(16Ω)  -L(8Ω)

3ユニットマトリックスをを6ユニットに置き換えた場合
        ↓

+L(8Ω)  +L(16Ω)  +R(8Ω)
-R(16Ω)  +R(16Ω)  -L(16Ω)


今回の6ユニットマトリックスの場合

+L(16Ω)  +L(16Ω)  +R(16Ω)
-R(16Ω)  +R(16Ω)  -L(16Ω)

(*註 これは全部8Ωユニットでも良い)


だがしかしマトリックススピーカーの音は
結線だけで決まるものではないだろう。

実験機と付き合ってみて、やはり改良したいのは
上下方向のユニットの距離

これはこんなに離れている必要はない。
接近していた方が良いだろう。

どうも音像であるとかその辺が散漫な感じになるのはその影響かもしれない。


左右
方向だが、これは多分現状で適当。
ただ、もう少し左右を
げたらどうなるか?という思いはある。
更に言うと
角度をつけてみたらどうか?ということもある。


長岡先生の作例でも、初期の物は差信号ユニットは外に向けて角度を付けられていた。

それがテレビ置台兼用の”
凱旋門”で角度を付けないでも成功したことから
以降の作例では同一平面にすべてのユニットを配置するようなものが増えた。

これは工作の
容易さという面もあってそうなったともいえる。

この先はやはり作ってみて試すしかないのだが言うは易く。
ユニットの穴六つ開けるだけでも結構
面倒くさい(汗)



一つ前の日記に戻る

日記のMENUへ

表紙へ