7月2日

繰り返し
同じことを書くようになるとお仕舞という気もするが
その日その日の
ヒートアップというのは厄介な問題だ。

皆さんも覚えがあるのでは?

前日あれほど良い感じだったのに、次の日いそいそと帰ってきて火を入れたが良い音はしない。

あれ?

みたいな感じ。

夢でも見たか?と
しょげてテレビなんか見て部屋に戻ってディスクを入れてみたら、びっくり…

やっぱり
幻では無かったんだな…、あ、でも、もうこんな時間か…

なんて事の繰り返し。

アンプなのかCDプレーヤーなのかわからないが、日々こんな事に
凝りもせず付き合ってくれるんだから
オーディオマニアというのは、やっぱり
奇特な人種である。

まあその時間を短縮する方法というのもあるみたいだし、いっそ通電しっぱなしという手もあるが
機器の
寿命その他考えると非現実的な選択だと思う。


7月3日

くなった。

冷夏の夢は消えたようだ?

この季節が来るたびにつくづく思うのは
夏にオーディオなんてやっているもんじゃ
ない、ということだ。

非常に
不健全



ところが
CB50に乗っていたらパンクした(汗)

ツーリングではなく通院グだから遊びではないのだが
困ってしまう。


そんな時に
って、いつも背負っている瞬間パンク修理材を持っていないというおまけ付き。

さて、困った…

どうしたか?

取りあえず
根性で?走ったら走れてしまった。

と言っても
の歩みだが。


それにしてもこういう時、軽量であるとか
タイヤのビートが強いと何とかなるとか
色々な要素が運命を分けることになる。

まあ炎天下押し歩きにならなかっただけ大
感謝である。

(リアタイヤだったから何とかなった。フロントなら即刻アウトである)


さっそく
修理、と言いたいのだがこうくてはやる気にならない。


夏は冷房を付けて家でテレビでも見ながら寝るに限る。

実におっさん臭い結論。

しかしそれが出来るような性格では
ない

さて、オーディオ。

AX-700Vは少々
を持つヤツなので使いたくないが
気分は640ではなかったので使用。

プレーヤーはCDX-620なのだが、やはりこのプレーヤー、
やや過剰気味に低音が鳴る。

それは味付けなので別に構わないが
ちょっと
わざとらしい。

細かい事を言い始めるとキリが無い。

しばらく遊んでいようと思う。


7月5日

話しは変わるが
AX-700V修理の際はシンコーへ。サトー電気へ。そして珍しく秋葉原へ。

雨の秋葉原は、それでも元気だった。





もう電気の街ではなくオタクの街という説もあるが、一部は元気だ。


30年40年前はもっと元気だったのだろう。
ラジオ少年が、あるいは無線オタクが。オーディオだけでなく色々な趣味の人がここに集ったと想像する。

僕は本当に変な所で
奥手なのでアキバなんて学生時代ほとんど来た事がかった。


行ってもお店の人に声掛けられると困ってしまうので、遠巻きに
ビクビクしながら店頭を見ていた。
逆にお店の
おばちゃんの方が、そんな遠慮しないでよく見なさい、と話しかけて来るくらいだったのだ。
ラジオ会館に行くとその時の事を毎回思い出す。


ま、長居をすると余計な物まで買うという懸念があるので決めた物を買ってさっさと帰る。

それでも僕としては色々買った。




変わった所では
狭い所で使えるドライバー



これは各種出ているが今回見つけたのが多分一番
狭小スペース向け。


何で必要なのかというと終段の石を外すのに一個だけブロックコンデンサーが
邪魔して
ドライバーが入らないからだ。

このドライバーが無かったら全ての石の半田を解いてヒートシンクをずらさないとならない。
そんな
非効率的な事はしたくなかったので助かった。


7月7日

まず、
空に一言。

地盤が緩んだりしたエリアに雨を降らさなくて良い。
適度に
分散して降雨するようにしてほしい。

大変な状況に在られる方達の前では、暑い暑いなどと
とぼけた事を言っていられない。

ただ、あちこちで
気温が上昇しているのも確か。


真冬もいけないが
温度というのは高すぎるのも頂けない。


特にオーディオには好ましくない。


僕の場合極めて丈夫なのでまだ良いが
年齢と共に影響は出ている。

体調が
変調を来すと、当然聴感もおかしくなる。

こうなるとアンプの音が、CDの音がなんて言うのが難しくなる。

…と、そんな中なのだが作業自体は集中豪雨等の
だったので
ご勘弁頂きたい。

何をしたかというと、今度は
エミッタ抵抗の交換だ。



修理をするということは、かなりの量の学習をすることになるのだが
ネットでお勉強、となると
本筋以外の情報もついつい収集してしまう。

すると
エミッタ抵抗で音が違う、なんて記事に出くわす。

終段の石を換えて、AX-700Vは随分進歩した訳だから
これを換えると
に良く成るのでは?と思う辺りが
我ながら
い。


しかし気になると居ても立っても居られないもので
さっそく手を付けてみた。


採用した抵抗はこちら、
福島双羽電気MPC-74

抵抗値は元の金被と同じで
0.22Ω
ただしこちらは5W仕様というか3W仕様は無い。

一見セメント抵抗。
実は
金属板抵抗
低歪品ということだ。



7月8日

アンプと限らずオーディオでは
トータルバランスが大切。

悪戯に世評の高いパーツを注ぎ込んでも
良い結果に結びつくとは
らない?


まあそうかもしれない。
ただ、終段の
が一つ120円抵抗50円となると、そう高くも無い。


もちろんメーカーさんだったら躊躇う。一円でもコストは抑えないとならない。


しかし、
個人が遊ぶには高くない投資だ。


さて、果たして
はどうか?


取りあえず激変というのは感じ
なかった


ただ、これは先に終段の石を換えているので
その方が
支配的で、抵抗の影響が陰にれたとも考えられる。


それと、取り換えた=何か変化があった=成功
という図式を描くから、
妄想に対して実際は…というお話しにもなりがち。


色々考えると一概なことは言えないのだ。


取りあえずの感想では、
精密さ、みたいな物が向上
ただ、ちょっと線が細くなるというか
野放図さが後退

そんなところか。


しかしやはり、そう簡単に断定的なことは言えない。

調整。それと少々のお付き合いが必要かもしれない。

音というのはそう簡単なものじゃないのだ。


7月9日

やっぱり
は音に付き合うのには良くない季節だ。


暑いからエージングというか
ランニングアップは短くて済むか?
というと、これが案外そうでもない。
不思議である。


AX-700Vの方は今一つ抵抗交換の結果が出ないのだが
それこそ
通電が必要かもしれない。


しかし、誰も居ない部屋でアンプの電源だけ入れっぱなしみたいな事は
もはやしたくないお年頃。


普通に使いながら様子を見ようと思った。

ここで700Vを離れて
640へ。


こちらは、予てより
ボリュームギャングエラーが気になったので
ボリューム
交換でもしてみようかと思った。


だがしかし、結論を言うと
中座


おわかりの様に
市販アンプのボリューム交換というのは
簡単じゃない。


上手く収まらないケースがほとんど。


そんなこんなを考えると、
集中力が落ちている今、
それをやる
べきではないと思った。




ばらしては組み直し。


馬鹿みたい?


そうでもない。
分解したら戻さなくてはいけないのだから
その
練習はして置く方が良い。

これは本当に大事。
段取り八部である。


さて、夏はオーディオに不向き。


ではバイクに向くかというと、そう考えるのは素人だ。

くて、乗っていても楽しくない。


整備…するにもくそ暑いし、庭先ではに刺されてイライラする。


そこで
室内にホイールを持ち込んでしまう辺りが我ながら凄い。

CB50の
パンク修理。

そんなもん
まったり楽しまずにバイク屋さんに行きなさいというのは
正しい。


ただ、
趣味というヤツは効率が良ければ良いというもんでもない。



それにしてもバイクのための
工具はどれも錆さびだ。酷い。

許してくれ。なにしろ
中断20年以上だ。




写真に写る
タイヤレバー
思えば
35年くらい前に買った物だ。(確か)

FXロングツーリングに行くのにパンクが怖くて買った。


ついでにチューブも買って、
空気入れも買って出かけた。

その空気れが、それこそホンダ、バイアルス
TL-50の物だった。


バイク屋さんに、これじゃあ
何年掛かっても空気入らないかもよ?
われたが、無いよりましと言い聞かせて買った。
たしか
1.500円だった。


それ
以前にFXではパンクを三回くらい経験して大変な目に遭っていた。

それが
トラウマとなっていたのだ。

FXも最終4型ではチューブレスを履いたが
3型までは
チューブタイヤだったのだ。
思えば
ろしいことじゃ…


備えあれば出番なし、の格言の通り、
これらを持ってからは使う機会
ゼロ

それで良かったのだが、その間にひどい事になって、
せ、タイヤレバーよ。

ちなみにチューブを引っ張り出してみたら
バルブの所がちぎれて崩壊していた。

これはパンクしたまま
8kmくらいを走って来たので
その間に
ちぎれたのだろう。
(チューブ自体は6年前位に新品に交換してあるので自然劣化は考えにくい)

さて、続きは…


い…


7月10日

AX-640には悪いが、現状ではどうもAX-700V軍配が上がる。

軍配上げてくれなんて誰も頼んでいない、とアンプが喋れたらいうだろうな。

しかし、まあそういう事だ。


AX-700を弄るにあたり、
トランジスターを換えたらこう。
抵抗を換えたらこう、という事で突き詰めても良いのだが、
それは案外
しい。

交換しない個体と交換した個体が同時に存在して
それを聴き比べて進めていくのなら良いが
一台しかない物を弄って行くのだから
客観性は持たせにくい。


そこで640はノーマルのままで存在させつつ…
というのは当初からの目論見だ。


今後も
コツコツ手を入れる予定。

ローコスト(五万円は大金だからローコスト呼ばわりしたくなのだが)
アンプに手を入れてみて、どこまで行くか?が最近の関心の的。



7月12日

どーでもエエが、古い機材はいっぱいあるが
新しい物は無いに等しい。

ま、最近
HDMIだとかBluetoothだとかに辛うじて対応出来ているから
ま、いいか、というところ。


とにかくピュアオーディオ機器というのは
実用性にしい。
思わず笑ってしまうくらいだ。


まあ今や
スマホ一台で何でもオーケーなので、その他は全部酔狂な物とも言えるが。


そういえばある人が
パワハラもどきを受けていた時
しっかりヴォイス
レコーダーで録音をしていたそうな。

い言葉の含まれたメールも保存してあると。


加害者の方が
に社をってしまったのだが
しばらくは
保存を掛けて置いたということで賢明だ。


聞いた時、思わず”よくやった!”と褒めてしまった。


そしたら”あんたの発言も録音してある”…とは言われなかった(笑)


ま、
どき何でもありだ。仕掛ける方もよほど注意して掛からないと
大変な目に遭う。

身を
るために近代兵器の活用、大いに結構

(僕のを録る時はなるべく高音質でお願いしたい♪)



それにしても
パワハラというのもセンスのい世界だ。

上下関係を使って、ということだろうが、そもそも上下ってなんだ?

天は人の上に人を作らず。人の下に人を作らずという言葉も知らないのだろうか?


ま、
組織には上下関係も必要。
それは
系統だてるために要るのだ。


しかし、それ以上でもそれ以下でもない。
いわゆる立ち位置をはっきりさせようというだけのお話し。


あんぽんたんに福沢諭吉先生のお話しなどしても無駄だろうが
せめて
今野敏先生の「隠蔽捜査」シリーズくらいは読んで
竜崎署長の爪の垢でも頂戴したらどうなのかと思ってしまう。



ま、もう少し時間はかかるが、そういった物が
消滅する日もい。


インターネット。そしてスマホの時代が来て、縦糸一方の世界は
崩壊
…はしないものの横糸が走り、正に
縦横無尽の時代だ。

既得権も崩れ去る。
大昔の大革命並みの変化が、それこそ表面上
無血で進んでいる。


いかん、
しくまともな事を書いてしまった。

ここで
オーディオだが、これもまた古臭い物がそのまま残っている世界だ。

しかしもちろん
変化と無縁ではない。


一つ言えるのが
カリスマの時代が去り行き、それが良くも悪くも影響するということ。

20世紀であれば、ごく
少数のカリスマを頂点にして
わいのわいのやっていれば良かった。

しかし、
もはやそんな時代じゃない。


雑誌に登場する評論家を頂点として…
というわかりやすい図式は過去の物だ。

だから面白いともいえるし
混迷するともいえるが
やっぱり、だから
面白いのだ。




SONY
DVP-S9000ES

どーでも良いが、このプレーヤー、
SACDも読むしCDも読む。
しかしSACD
ハイブリッドだと途端にエンコする。

思わず、そういう仕様ですか?

と言いたくなる。
まあSACD/CDハイブリッドを読むのは確かに難しい事なのだが
仮にもメーカー品がそれじゃあ困る。

経年劣化にしても、ちょっと情けないお話しだ。

どうしてくれようか。


7月13日

なぜに突然
S9000ES

深い意味は全くないので説明のしようがない。


しかし、SACD/CDハイブリッドの
読みが甘いというのはいただけない


これって確か10年弱くらい前に
SONYに一回出している。
その時の伝票はどうしたか?

ピックアップは交換したのかな?

これのピックアップは今も
バチモンかもしれないが
手に入る事は手に
る。

交換してみても良いのだが、どうもそれで解決するのか
しいもんだ。

色々やっていると、読めないはずのディスクが
ちゃんと読める様になったりと益々
不可思議

ただ、どうしても読まない物もあるので
以前より試してみたかったことをやってみた。



これは?

そう、知る人ぞ知る、正直。

…ではない、
消磁器である。

HOZAN HC-21

なんでこんな物が?

そう、
20年くらい前か、ブラウン管テレビの着磁を消そうとして買ったのだった。

2〜3回試せば十分なので、以来出番なし。

しかし、さすが信頼のメイドインジャパン。
出してみたら
ちゃんと稼働する。


で、何を?というと
ディスクの消磁である。

それ専用のお品物も出ているが、もちろん縁が無い。

だがしかし、消磁が目的であればこれでも出来る
はず

いやいや、読まないハイブリッドを消磁してみたら
読むようになったというお話を聞いて試してみた。

すると…

!なんと読めたのである。

これには
き。

気のせいか音も良い感じ♪

…と、ノー天気に喜んでいたのも
つかの間、
そのディスクは途中で
エンコ

以来なんど読ませてもCD層の再生になってしまう。

しいが中断

しかし他のディスクはおおむね問題なく読む状態。


ま、SACD/CDハイブリッドのSACD層を読ませるというのは
案外難儀なお話しであるということで結論づけたい。

さり気なく、ディスクプレーヤー達はい事をやっている。

そのことに思い当たるのは、
残念ながら不調に出くわした時なのだ。


7月14日

とかなんとか言っていたら、SACD層を読めなかったディスクも読めるようになった?

ディスクの
クリーニングも大事みたいだが、見た目別に汚れていなくてもダメなのか?
トレシー執拗に擦っていると読める様になったりする。


よーわからんが、これはもうそういう物と思った方が良い。
下手にピックアップ調整だの交換だのやるのは止めて置こう。


そもそも、普通のCDだって、
後楽園ドームの敷地いっぱいに、シャープペンで書いた線を
追う様な、高度な読み込みをやっていると訊く。


それがSACDだのDVDだのハイブリッドだの言ったら、どれだけの
シビアさか?


もっとも、
今時ディスク再生自体が時代遅れだから、どーでも良いお話しなのかもしれない。

もう、ファイル再生の時代だ。だから、どーでもよろしい?

ただ、パッケージソフトにはパッケージソフトの
安心感みたいなのがあるのも事実。

これを再生しているんだ、みたいな確かさが感じられる。


ネットワークプレーヤーで、コントロールはスマホで、とかやっていると
訳が分からなくなって途中で辟易してくる辺り、僕も立派におじさんだ?


まあ良いじゃないか。パッケージソフトは僕らの
心の故郷です。




…と、それは良いのだが急な暑さも手伝って
近年にない
無気力状態。

これは
いと思う。

こうなるとディスクプレーヤーによる違いがどうなんて
どーでも良くなる。

ただ今TASCAMの
CD-401で再生中だが
本当に何もかもがどうでも良い。

もう
た方が良い。


7月15日

何となく
時間を無駄にしている気がするが
とあるイベントが終わらないと、どーにも落ち着けないというか
馬鹿な事に手を出すのが
躊躇われるという日々。



そんな中の
DVP-S9000ESだが、
どうも
ビデオ系統が悪さをしている様な想像をする。

ユニバーサルプレーヤーというのは
なんでも掛かるが
何一つまともに掛からない機械だと
名言を残された方がいた。

何となく言いたい事はわかる。

個人的には一台でオールマイティーというのは好きだ。

ただ、専業と兼業と、
シビアに見るとどっちがベターかは
何となく
想像がつくでは無いか。

どう考えてもこのプレーヤーで
今更DVDを観ることは無いと思う。

そう考えるとビデオ系統は
してしまっても良いくらいだ。

そんなことしなくてもビデオオフとかピュアダイレクトとかいう
装備はあるのだが、どうもそいつがうまく働いていなくて
足を引っ張っている感じ。

しかし中を見ればICだの実装パーツだのと
到底よっしーの手に
負えない物ばかり。

何かケーブル一個
引っこ抜けばそれでオーケーみたいなことだと良いのだが
そうは問屋が卸すまい…


7月17日

やっぱり
マルチプレーヤーというのは面倒臭い。

何がいけないって、設定の確認とかに
画面が必要だったりする。

これはDVDも掛かるプレーヤーの場合、当然画面を繋いで使うだろう
という
前提というか見込みの元に考えられているから
仕方ないといえば仕方ない。


だが、特にそうでもない環境だとそのためだけに画面を持ち出さないとならない。


面倒だから
省略すると、実はプレーヤーの中で何が起きているか
わからなかったりする。


ま、それはさて置き
取説は良く読もう。

DVP-S9000ESで起きていた
挙動不審?

もしかすると
解決したかもしれない。

(どーでも良いが俺は疲れた。三連休とはどこの国の出来事だい?)


7月18日

いや、ほんとにオーディオには向かないシーズンです。



CB50
タイヤ交換わるの図。

やっている時の写真は無い。
そんな余裕はごぜーませんでした。

タイヤはまだ使えると思ったが(
おい!
さすがに
いい加減にしようという事で
買いやすく適合する
サイズがあるという事で
ミシュランM35

CB50のリアは
2.75-17が純正サイズ。
これまでのタイヤは
2.50-17。

多分二本目のタイヤで、その時2.75が無かったのだろう。

2.75-17というのは
から案外無い。

今回多分物凄く
しぶりに規定のサイズを履けたと思う。

ま、だいたいがバイク乗りというのは細いよりも
いタイヤを好む
傾向がある(見た目的に)。

ただ、実際にはちょいと
めの方がい面もあるのだ。

慣れた2.50で国産タイヤと思ったが、探すの面倒なのでM35に落ち着いた。



バイク弄りというのも
半田付けと一緒で、言うのとやるのではちょっとう。

たかが原付のタイヤ交換でも、
原始的に自分でタイヤレバーを握るとなると
そうそう簡単でも
ない

こんなもんはタイヤ屋さんでやってもらうに限るが
過程を楽しむことを趣味という原則からは
しく外れる。

なので自分でやりましたが、思ったよりは簡単で、尚且つ
何事も
慣れないと駄目なのよ、と痛感した。

予想通り、タイヤを押し込む
過程でチューブに(タイヤレバーで)穴を空けてしまった。

想定内とは言えトホホな気分。
颯爽と、一体いつのだ?と言いたくなるようなパンク修理
キットが登場。

軽く失敗もしたが、それも経験。パンク修理もしっかり味わって
タイヤ交換
完了

後は本体に
組み付けて試走なのだが
組付けだって慣れていなければ偉い時間が掛かるだろう。

ま、さすがに
サクッと終える。

とはいえこれから数日は
様子を見る。

何しろ
新品タイヤなんてなくて仕方ない。

ブレーキチェーンも外して組んでをしているのだから
数日のインターバルで
チェックが必要。

とにかく確かめたかったのが、タイヤがリムに対して均等に収まっているかどうか。

ここで不合格だとまたやり直しになるからだ。


ま、
いオーケーの線。

タイヤが変わったら、
ヒップアップした感覚になっているのが
面白い。

乗り心地やグリップ感についてはまたいつか。



7月19日

まったく、オーディオには
不向きな季節(しつこい?)



ぼやきながらテレビを点けたら格好良い
映画をやっているじゃないか。

やっぱり夏は
映像だな。うん。
(本気で受け止めないように)

それと
もう一つ…


7月20日

もうひとつ、
ヘッドフォンという選択肢があった。

夏にヘッドフォンでおこもりというのもどうかと思うが
部屋を閉め切って音を出すのとどちらが良いか?

ま、やってみよう。

やってみようは良いが、よっしーの部屋でヘッドフォンというと
相変わらずのSTAX SR-3+SRD-5だ。

悪い物とは言わないが、
果たしてこれでどれだけの音が聴けるのか?

ショーウインドウ、最大のライバル、ならぬ、イヤースピーカーは
最大のライバル、
は本当なのか?

真価を発揮させるには?

果たして装置の、あるいはディスクの
まで見抜けるのか?

課題山積み、乞うご期待?





一つ前の日記に戻る

日記のMENUへ

表紙へ